鹿島釣り日記の釣果は嘘なのか?場所をやんわりと公開。

2021年1月24日

スポンサーリンク

ども慶太です。

今日は全然いつもと違うネタです。

 

茨城で釣りをしている人なら結構有名な方。

 

 

いつも爆釣しているこの方について迫ります。

 

 

スポンサーリンク

鹿島港は本来は釣り禁止。

茨城で釣りをしている人はご存知の方も多いですが、鹿島港は本来は釣り禁止です。

 

唯一釣りをしていいのが、鹿島釣り公園。

 

ただ、暗黙の了解で結構釣りをして良かったりもします。

最近では釣り人のマナー低下により暗黙の了解も無くなってきたりしてます。

鹿島港の中では、

死者が数多く出ています。

中でも南堤と言われている堤防はかなり危険です。

 

前兆4キロありますので、普段陸からでは出会えない魚と出会える確率がグッとあがります。

ただ、その分リスクも付き物。

 

天候が少しでも崩れれば、ナイヤガラの滝と言われてたりします。

 

海はすぐに天候が変わってあり、何回かに一回は高い波がきます。

地元の人ならその海の癖を知っていたりしますが、天候を舐めていると本当に死にます。

 

現状の南堤は鍵が掛かっていて、入れないようになっています。

海上保安庁のパトロールも強化されているので、入ってもすぐに追い出されてしまいます。

 

以前はこの鍵がヤフオクで取引されてたり、地元の釣具屋さんが売ってたりしていたようですが、現在は見つける事は出来ません。

 

鹿島釣り日記のポイントはどこなのか?

間違いなく釣り公園ではありません。

営業時間内にあそこまでの釣果をあげる事は不可能だと思います。

 

それも一日だけならあり得るかもしれませんが、連日あそこまで。。。

 

 

かなり厳しい。

 

先ほど上げた、南堤か?

 

 

それも違うと思う。最近は本当に厳しいので、毎日のように入っていたら既に捕まっていると思うし、陸は警察がよく見回りに来るので、ナンバーも控えられているはず。

 

っとの事で消します。

 

ツイッターにヒントがありますよね?

 

 

 

青物を爆釣しているあたり、冬でも釣果が変わらないので温排水が出ているポイントになりそうです。

 

温排水で有名なのが、アンモニアや東電の排水溝。

 

 

ここが一番有力だとネット上では書かれてますが、私は違うと思う。

 

恐らく鹿島釣り日記の人は地元の方。

こんなメジャーポイントに行くのか??という疑問が残ります。

 

それでも釣り禁止の場所には間違いありませんが、陸からであそこまでの釣果が挙げられる場所はあそこしか考えられないという場所があります。

 

ポイントを公開

鹿島釣り日記のポイントをやんわりと公開します。

私の憶測によると立ち入り禁止場所は間違いないと思います。

 

よく鹿島釣り公園周辺でツイートしているあたりを見ると、それもヒントになります。

 

大分昔はかなり緩かった鹿島港。

 

皆が立ち入り禁止場所に入って釣りをしている時期がありました。

 

 

伊勢海老を釣っている所を見ると、テトラが絡んでいる場所。

 

すなわち、鹿島釣り公園の反対側の立ち入り禁止区域。

 

ずっと歩いていけば、温排水が出ている箇所が数箇所あります。

昔よく釣りをしていた記憶がありますが、今でもそこに入っている人がいるとは思わなかったです。

 

 

多分あそこで間違いない。

 

伊勢海老も釣れるし、青物もそして人が少ないので魚影も濃い。

 

あんな場所に入ってツイッターでドヤ顏しているようなら、残念な方です。

釣りも依存症と似ている気がする。

 

よく第二排水溝と呼ばれていた場所ですね。

 

テクニックってよりも、魚がいれば釣れる場所。

 

 

全然違かったらすみません。

合っていても危険なので、入らない方がいいですよ!