借金が自力で返せるのは、年収までが一つの目安。それ以上はきつい。

スポンサーリンク

ども慶太です。

借金の事で毎日毎日頭がいっぱいです。

 

2年前の自分に戻れるなら戻りたいです。今日はそんな気分。

ツイッターにて励ましの言葉を待ってます!!笑

[temp id=5]

あっ!!私慶太は、借金が年収を超えてしまった人です。心境の変化がかなり際どく変わります。

 

世間では総量規制で年収の3分の1までしか借りれない。

なんて言われてますが、新規で借り入れする場合であって、すでにクレジットカードを持っていてそこにキャッシング枠やショッピング枠があるようなら、普通に超えれると思うのですが。。。

 

なんて思ってますし、実際それで超えました。

 

結論:借金が年収を越えると自力返済がかなりキツくなります。

借金を作った原因は競艇です。

公営ギャンブル(競艇、ボートレース)依存症を克服した方法

今ではギャンブルをしてませんが、当時は本当にキツかった。誰かの役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

借金10万円の心境。

借金10万は始めに銀行口座が0になって初めてお金を借りました。

忘れもしません。モビットです。

 

会社にはバレにくい。とネットに書いてあって、実際その通りで会社には電話連絡も行かなかったのです。

私の会社は中小企業です。

普段個人宛に電話が掛かってくる事なんて、まずありません。

 

 

 

 

だけど、実際にバレたらどうしよ?そんな事を考えてスマホの画面をずっと睨めっこしてようやく地獄行きへの切符をポチッと押してました。

 

会社にバレずに借りれる。そんな甘い誘惑の言葉がこの先の人生を大きく狂わせて行きました。

 

申し込みした瞬間から心臓がドキドキし始めて、会社に帰ってもドキドキ。他の人に心臓の音が聞こえてしまうのでは?なんて思うくらい心音が凄かったです。

 

数時間後に書類が全部受理されて、融資受けつます。みたいなメールが届いたのを記憶してます。

 

初めの10万円はやり方がわからず、ゆうちょ銀行に送金する形で、後でコンビニに下ろしに行きました。

この手軽さと、恥ずかしさが全くないのがいけなかったです。

 

ギャンブル依存症でしたが、10万円はその当時かけてる金額も大きくなかったので、1週間以上は資金が持ちましたが、キャッシュアウト。

追加融資を30万、50万、100万、170万とドンドン利用枠上げてしまってました。

 

10万円くらいなら毎月の返済額も数千円だし、気が楽だ。金利よりも月の支払額を気にしていたのが本当に無知でバカな大人です。

 

借金30万円

借金30万円くらいの時には、借りて、返済してってのを常に繰り返してました。

一日の中で、結構勝っていたりする日も多かったので、勝ったら返済。

 

次は掛けずに翌日を迎え、また勝ったら返済。

アスペルガー だからなのかわかりませんが、数字が本当に好きで競艇のデータをこまめにとって、選手の特徴や、レース場の特徴。色々な事をデータ化してました。

 

この得意な分野を他に生かせればよかったのですが、よりによって一番やばい所に目をつけてました。

 

とは言え、借金がそこまで増えていない生活に満足もしてました。

この時が一番競艇が好きでした。

 

けど、勝っているような話ぶりなのに、何故30万近く借金が増えていたのか。

 

それは、負けた時はとことん負けていたからです。コツコツドカンの典型です。

勝ち逃げは少なく、負けると取り返そうとして傷を深くする。

 

それはギャンブルに向いてませんよね?

自分のデータを疑う事をしませんでしたし、勝っても気分良くてお酒を買ったり散財する。

 

このサイクルの何処に借金を返済できる術があるのでしょうか?

今こうやって文字で書いてますが、当たり前が分からず無我夢中でした。

 

借金50万円

借金が50万円に行く頃には、掛け金も1レース1万が当たり前になってました。

ここで競艇の当たりやすく、回収率の悪さが尾を引いてきます。

 

当たるのに勝てない。自分の予想は間違ってないんだ!!

毎日毎日そんな負のループに陥り、仕事にも影響してくるようになって、とうとう競艇の為にずる休み。

 

本当に腐ってます。

 

50万円の借金の時が一番ヤバイなと思える心境でした。

  • いつ会社にバレるのだろう。
  • いつ妻にバレるのか?
  • 借金の郵送物は本当に届かないのか?

結局全てバレずに生活を出来たのですが、ここでバレていた方が本当に良かった。

 

返済はまだ月に1万あたりだったので、お小遣いからなんとかなるな。そんな感覚でした。

 

借金50万〜

ここら辺が一番危険です。

金銭感覚がなくなり、3連単に1万を賭けて穴狙い。

1レースに10万なんてのをやっていて、いつか帯を手にするんだ!10万舟を当ててやる!!

なんて思っていた時期で、変な幻想を描いてました。

そして、一番致命的なのは、借金の借入額が勝手に自分の貯金だと勘違いしてしまった事。

 

あれ?まだ全然あるじゃん。

これなら余裕。

 

収支も毎日激しくなり、いつしか自分の決めたルールも徹しない。

今までは、自分の決めたレースでした勝負をしないというマイルールがありました。

 

だけど、こんな風に収支が上下してくると、大きく負ける日がやっぱりあります。

確かに大きく勝つ日もありましたが、どうしても負ける日があるのでそれで深追いしてマイルールを破ってかなりの痛手を負う。

 

いつしかそんな毎日になって、もうギャンブルをしていないとダメな気がしてきて、次第に仕事中もずっとそわそわ、自分の買ったレースが気になって仕方ない。

 

仕事に身が入らない。心ここにあらずとはよく言ったもんで本当にその言葉通りでした。

 

基本が負けていて、ルールも守らない。

勝ち額も少ない。そりゃいつしかキャッシュアウトしますよね。

 

総量規制の3分の1に行っても返済が4万2千円。

なんだそれだけか。

 

全然余裕。

今思うと総量規制で借りれている間は、借金は必ず返せます。

副業もせずに固定費の削減だけでも返せると思います。

 

それでも返せないようなら、任意整理を検討する。

そんな流れがここまでの金額ならベストかと思います。

【匿名】で出来る借金減額シュミレーションの詳細

170万〜年収まで

モビットの限度枠がギリギリになり、借りれなくなり昔作ったクレジットカードを思い出す。

イオンカードが50万まで使えて、キャッシング枠が10万!!

 

まだあるじゃん。

まあ速攻なくなったけど、その後増枠申請。

適当に入力したら、100万円まで増枠。

 

キャッシング枠も書類を提出したら、30万。

これも即無くし。

 

ここでようやく返済が毎月6万近くなっており、結構生活にも支障をきたしてきて、ようやく。

 

あれ?競艇は勝てないのか?と気づく。本物の馬鹿な私。

 

ここで競艇を辞めたかったのですが、生活習慣に溶け込みすぎてしまった競艇。

辞めるのが本当に大変でした。

公営ギャンブル(競艇、ボートレース)依存症を克服した方法

今も完璧に辞めれたとは思ってませんが、影を潜めています。

 

ちゃんちゃん。

 

 

で終わりません。

 

 

ここから、ネットでFXは稼げるらしい!!と見つけてしまってご想像通りの展開です。

 

年収以上の借金

海外FXに手を出さなければ、年収以上になることはあり得なかったと思います。

一番厄介なのは、クレジットのショッピング枠が使えること。

 

これでマックスに張り付きました。

 

返済は当時、毎月15万近く。

他にも支払いはたんまりあったので、色々と試行錯誤してなんとか今日までしぶとく生き延びてます。

 

人生に見切りを付けるのも自分。今よりも悪化させるのも自分。

また、好転させるのも自分の行動力。

 

ちょっとでも毎朝明る日差しを浴びて生きていきたいですね。

初めは家族の為にお金を増やそうとした競艇、FXそれがいつしか家族をこんなに苦しめるとは思いもしませんでした。

 

年収以上の借金なら債務整理で、自己破産や個人再生。

妻にバレる事よりも、一緒にいるかいないかを視野に入れ。

 

そこも含めて話しはした方がいい。年収以上の借金でバレずに返済は正直無理だし、妻の協力もかなり必要になってくる。

 

そして、いつしかこの経験を誰かに話して笑い話になればいいですね。

無料で相談できる司法書士法人杉山事務所の感想

【借金地獄】人生どん底から這い上がる為にした1つの事。